下駄の修理


H25年(2013)7月25日
30センチ二つ歯下駄の歯が取れた。

外人のお客様より連絡がありました。
「当店で買った30センチの下駄が盆踊りで15分もしないうちに歯が取れた。
どうしてくれるんだ。1万円もしたんだぞ」

外人の方、さぞかし驚いたことでしょう。しかし落ちついてください。
昔はしょっちゅうこういうことがありました。いまは珍しい方です。
取れた歯は捨てないで、必ず拾って持ち帰ってください。
まず下駄を着払いで送っていただきました。
木工用ボンドで接着して1日ほど乾燥させて、送り返しました。
原因はボンドがほとんどついていなかったようです。
当店製下駄ではありませんが、販売店として責任を持って対処させていただきました。


女黒塗右近下駄


この類の底にスポンジがついている下駄は修理ができます。
一般的に底のスポンジが減ると捨ててしまうようですが、
台が生きている限り、底にスポンジを張ることで元通りに何度でも使用できます。
花緒も交換できます。黒塗りがはげても黒のペンキで補修します。

底のスポンジはグレーと黒があります。
横線のあるスポンジです。
修理ご希望の方はお問い合わせください。




020-0801
岩手県盛岡市浅岸字上大葛61-1 
下駄工房 赤い花緒のじょじょ 
土日祭日営業。年中無休
TEL/FAX 019-654-7852
工房電話受付時間 07:00 - 22:00 
E-m@il jojo
http://www.karankoron.com

下駄工房への交通案内


  
このホームページに掲載されている記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。詳細はこちらを御覧ください
Copyright (C) 2011 Akaihanaonojojo. All Rights Reserved.
This page last updated 2011/4/11